a b e c o - c o b o

まいにちのくらし ちょっとしたくふうで チョットすてきに…     

あみをあむ

麻ひもで網をあみます
IMG_1527

 
漁師になるためです
IMG_1528


もちろんうそです
IMG_1529


うそでもあみます
IMG_1530


 ゴーヤちゃんのためです
IMG_1536


市販の『よくあるみどりいろのネット』が
どうしてもいやだったのです
IMG_1533


固定用に小ぶりのよい色の煉瓦も見つけました 
IMG_1540



やはり
日々の生活は

『好きな色』
『好きな素材 』
に…

囲まれていたい 

塗り壁風フォトフレーム

友人から、写真のフレーミングの依頼をいただきました。
IMG_0693
いい写真ですね

古き良き幼少時代
思い出の夏の海



『地中海の白い塗り壁』
そんなイメージが思い浮かびました
今回はそんな雰囲気で作りましょう

『なるべく安価に…』という御要望もあるので
また、おうちにある材料で考えました。



塗り壁に チョット凹みがある雰囲気…

フレームの素材と加工方法は企業ヒミツ♡    写真受けは針金 #20で
IMG_0696IMG_0697

スタンドは針金 #14で
IMG_0695

写真を挟むと、こんな感じに仕上がりました   夕日を浴びて…
IMG_0686IMG_0692



 

アンダーシークレット

トップシークレットではありません。

このミッションは
姉ファミリーからの
「こうだといいなぁ」という願望から考えたもの。 

クオリティの必要がなく
実用性重視の
陰で使う
いわば縁の下の力持ち的存在。
だからアンダーシークレット。

IMG_0547
不要となった、甥っ子兄の椅子。
惜しげもなく解体させていただき、部材を調達。
新たなアンダーシークレットとして役立つ時です!

IMG_0548
とりあえず
必要なサイズを計り…

IMG_0550
ギコギコカットします。
この小さい木っ端が8個必要!
お部屋の中なので、こまめに木屑を吸い込みます。

IMG_0551
作業してると、あっという間にお部屋の中はこんな状態に…
あー作業場が欲しいよ〜

IMG_0553
同じサイズにカットした木っ端を2段重ねて工夫して固定。
これは後々、1段で使うかも…なので。
そして印を付けた所に穴をあけてダボを打ちました。

この白い紙のカタチのものが
ここに来るわけです。


さて、設置です。
使うのはここです!
IMG_0580
ふふ。
こたつの足のアンダー!


要は
オカラダがチト太め?の甥っ子弟くん。
こたつで寝返りを打とうとすると
コシマワリが突っかかって、スムーズにまわれない…
こたつの台がもう少し高ければ…

そんなご要望にお応えして
縁の下の力持ち。
アンダーシークレットの登場なわけです。

こたつの足が円柱ではなく
バームクーヘンを不公平にカットしたような形だったので
ちょっとおかしな形状になりましたが…

ま、見えないし、
甥っ子弟君のOKもいただいたので
良しとしましょう。


少しスリムになったら
2段の所を1段にしましょうね。

目標はフラットよ!



PS:   こんなモノ、アップするのは
   どんなもんか…と思いましたが
   ちと、おもしろいので
   あえてアップさせていただきました。 
 

ひつじ

余り毛糸とクッション綿でできる『ひつじ』

 まずは胴体部分から編みはじめ… 
DSC_0389DSC_0390DSC_0391

 グルリ編んできたら、右前足… 頭…
DSC_0392DSC_0393DSC_0394
 
 左前足… 再び胴体につなげ… 左後足…
DSC_0395DSC_0396DSC_0397
 
 しっぽ… 右後足… で再び胴体に… 
DSC_0398DSC_0399

 いろんな色で楽しく 
DSC_0401

 これを綴じると 裸ん坊の子羊くんに…
DSC_0403
 
 クッション綿(左)と毛糸の切落し(右)をミックス(真ん中)
DSC_0407
 
 裸ん坊の子羊くんに フェルト用のニードルで、毛糸をふわふわと絡めていきます
DSC_0408DSC_0409DSC_0411
 
 完成です
DSC_0412
 
 横向き おしり いいお顔!
DSC_0418DSC_0419DSC_0421
 

IMG_0541
毛糸の色や量、混ぜ具合で色々楽しめると思います。
テキトウに混ぜると写真のようにムラムラになります!?
もちろん市販のフェルト工芸用の綿を使用すればムラなく綺麗にできますね。

木とフェルトのとけい

かなり以前に買い置きしていた時計のムーブメントが
ひょっこりでてきまして…
また、今ある材料で作れないものか…と。

「 使えそうなもの〜 使えそうなもの〜 」
あちこち箱を探り、出て来たのは
 ・はがきサイズの木
 ・毛糸
 ・針金(#14)


人にあげるわけじゃないし
失敗しても材料代はかかってないし
気楽にできていいかしら…と
工作開始。

DSC_0353
電ドリで木に12箇所、文字盤用の穴をあけ
毛糸で作ったフェルト玉を数字の代わりにしました。

DSC_0354
表のフェルト玉は裏のフェルト玉に固定。
スタンドは2㎜の針金を
ペンチで「ふむっ!ふむっ!」と曲げました。
そう。
一気に力を込めて、迷わず曲げないと
直角が綺麗にでないんですね。
今回初めて知りました。
針金細工もおもしろそう。
(あぁ…また新たな分野が…)


時計って
ムーブメントさえあれば
本体はアイデア次第
意外性のある時計を作るのもたのしいですよ。

IMG_0485
以前作った、スケッチブックの時計


最新コメント
お問い合わせ