「愛犬の形見の『首輪』で何か創ってほしい」
とのご依頼をいただきました。

「カットしても解体してもOK。
 いつも持っていられるような…
 例えばキーホルダーのようなもの。」

簡単な条件のようで…
チョイ難しい条件…

とにもかくにも 使える部分がどのくらいあるか? で 
何ができるか? が大きく変わってきます。


まずは素材である首輪を解体してみます。
大切なモノなので緊張!
でも思い切って!

すると
首輪は 表革・裏革・心材 の三層からなっており、
劣化している部分がかなり多い…
IMG_2349


とりあえず、三層に分解して
革で使えそうな部分をカットし、
洗浄して乾燥。
IMG_2350



さて
使える素材を目の前にして
「何が創れるかなぁ?」

身の回りのモノ。
外出先で見かけたモノ。
たくさんのヒントから
いろいろと考えて 試行錯誤してゆく行程が好き。


そして
できました!
IMG_2372


箱を開けると…
IMG_2375


ちいさな靴のキーホルダー
IMG_2379


素材となる革に 面積的な限度があるので
もともとの縫い目がどうしてもよけきれず 四苦八苦。
でも今回は、その縫い目も
『あえて意味あるもの』として ご了承いただきました。
IMG_2374

( ↓ 長くなりますが お時間あれば 続きあります )



革細工未経験なので
まずは図書館やネットで下調べ。

そして何と言っても型紙。
ネットでフリーのものを見つけたのですが 
ダウンロードできず
結局、自己流で型紙をおこしてみました。

「こんな感じかなぁ」と、紙に型を描いてカットし  
それを試作用の素材に写して、パーツごとにカット。
そして 各パーツを合わせながら仮縫い。

けれど、なかなか立体にならない。

試行錯誤。
悪戦苦闘。
やっと靴っぽく立体になったときは
達成感!

と書くと、大変そうに聞こえますが
実はたのしかった。


後日、仕上がり品をお渡しした後
図書館で型紙付きのミニチュア革細工の本を見つけ
「なぜこの前来た時、気づかなかったのかしらん…」
と、軽くショック…

でも、型紙のカタチが 自作の型紙にほぼ近かったので
チトご満悦!

よし!
としました。