a b e c o - c o b o

まいにちのくらし ちょっとしたくふうで チョットすてきに…     

もつくふう

Raffia Basket ( in summer )

ラフィアで編んだ篭バッグ。
 ペーパーコードにラフィアをグルグル巻き付けてゆく編み方で
 カッチリ仕上げました。
IMG_3038


上から見る…
IMG_3027


前から見る…
 木のボタンが猫の目に見えますね。
 横にチラリと見えるのは…?
IMG_3033


 Bag in bag
 ラフィアとこの生地を会わせ(合わせ)たかった…
IMG_3031


  in  !
IMG_3030


持ち手は取り外し可能。
 季節や服に合わせて、持ち手を変えるのも楽しい!
IMG_3071


今年も暑い夏でした

ひょんなきっかけから、
久しぶりにラフィアを引っ張り出したのが
この夏のグルグルのはじまりでした

暑くても
ひたすらグルグル

来客があっても部屋じゅうラフィアだらけのまま
かまわずグルグル


引きこもり気味の夏でした

愛犬の形見

「愛犬の形見の『首輪』で何か創ってほしい」
とのご依頼をいただきました。

「カットしても解体してもOK。
 いつも持っていられるような…
 例えばキーホルダーのようなもの。」

簡単な条件のようで…
チョイ難しい条件…

とにもかくにも 使える部分がどのくらいあるか? で 
何ができるか? が大きく変わってきます。


まずは素材である首輪を解体してみます。
大切なモノなので緊張!
でも思い切って!

すると
首輪は 表革・裏革・心材 の三層からなっており、
劣化している部分がかなり多い…
IMG_2349


とりあえず、三層に分解して
革で使えそうな部分をカットし、
洗浄して乾燥。
IMG_2350



さて
使える素材を目の前にして
「何が創れるかなぁ?」

身の回りのモノ。
外出先で見かけたモノ。
たくさんのヒントから
いろいろと考えて 試行錯誤してゆく行程が好き。


そして
できました!
IMG_2372


箱を開けると…
IMG_2375


ちいさな靴のキーホルダー
IMG_2379


素材となる革に 面積的な限度があるので
もともとの縫い目がどうしてもよけきれず 四苦八苦。
でも今回は、その縫い目も
『あえて意味あるもの』として ご了承いただきました。
IMG_2374

( ↓ 長くなりますが お時間あれば 続きあります )続きを読む

ピックのペンダント

「ピックをペンダントにしたい」
というご依頼をいただきました。

「ピックに穴をあけたくない」
というご注文以外は全ておまかせとのこと。


ご依頼人の個性、好みなどをふまえ
更に
穴をあけずにペンダントにする方法をいろいろ考えました。

ヘンプアクセサリーのように
ピックを麻紐で編み込もうかとも思いましたが
やはりこの三角のカタチを引き立たせたい。

試行錯誤の上
革(バックスキン)をピックよりひとまわり大きくカット。
それを基底材にして、ピックをテグスで固定し
裏から同サイズの革を接着。

あとは革に穴をあけて
丸金具を付ければ
ペンダントトップの出来上がり。

紐も編んだり二重にしたり
イロイロ試しましたが
今回のご依頼者サマにはシンプルがいちばん。
というところにいきつき…

結果、紐のままにして
ペンダントトップのところにだけ
吉祥結びをちょこっとあしらいました。

IMG_1981

ご依頼者サマ
姉ですが…

大切なモノだそうです。

最新コメント
お問い合わせ